読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とと卿

ネタバレある感想ゆるくかきます

ニルアドミラリの天秤 汀紫鶴 感想

ニルアドミラリの天秤

 

おなかすいたからって夜ご飯を前にしながらお菓子一袋食べてしまった・・・

あと、一応書いてますけど、ここに投げるのは基本的にネタバレあります。

逆にないときは書いていきたいと思いますー。

 

そんなんで、感想は滉の次に楽しみだった紫鶴さんです~

なんでかっていうとああいうキャラほど主人公にどっぷりはまってしまって楽しいんじゃないかなあって(笑)

あとは、髪が秦さまぽかったから(それだけ)

あ、秦さまは十鬼の絆の秦さま

 

 

○汀紫鶴

 

遊び人色魔担当です。

そして、人気作家でありなぜか居候。

こうして簡単に説明するとき軽薄って打って、いや、なんか違う。軽薄なのは杙梛さんだ。って思って消した。

ニュアンスの違い伝われ!

 

紫鶴さんは出会いがあんなものの一緒に朝ご飯食べるところとか、それが一日だけじゃなくてちょくちょくあるのがいいよね、純粋にみそ汁ほめる紫鶴さん好き

 

紫鶴さんの個人ルートは若い女性が狙われる事件が起こりますね。現場に紫鶴さんの本は落ちてるし怪しんでくれオーラでまくりで(笑)表向きにはね

この事件の話から紫鶴さんがライラックのコロンつけてるってたくさん出てくるんだけど、そもそもライラックがわからなくてぐぐりました。

見たことある綺麗な花でした。すごい個人的に好み、

なので、ライラックの香りとか一気に気になりましたね!

というか、ライラック口に詰めたってどう詰めたの、あの、まるごと?つらくない?って思って考えるのをやめた。

そして、事件の起きた上野にみんな口を揃えて一人で近づくなと言います。

まあ、妥当か。紫鶴さんは一人になるなら僕を呼んでねって言います、電話待ってるよなんて言われちゃったら、電話したくなるよね、どうせしないんだろ・・・(黙)

 

笹乞さんの店に滉と一緒に巡回に行くんだけど、

まって、あの、心なしか滉優しくない???個人ルートで出す優しい顔しててなんなん!!!って滉に逆戻りしそう・・・

 

その次に紫鶴さんと新作の取材という名目でナハティガルに行くんだけど、そこで紫鶴さんが身につけている香水の話になるんだけど、ツグミちゃんがその話を切り出したら、

「気になる?君が嫌ならつけるのやめるけど」

って言うんだけど、この時点で紫鶴さんがどのくらいツグミちゃんのこと好きかわからないし、個人ルートはいったばっかりだから、独占欲沸くような強い好意がないんだろうなあ・・・って勝手に考えると、この発言にはあまり意味がないのかなって思うんです。

なんでこんな突っかかるのかというと、これがもうツグミちゃんのことが好き好き状態ならこの発言は、嬉しい!!!ってなるんですよ。香水ひとつでも、ツグミちゃんに左右されるほどだから。

でも、この比較的序盤で、しかも言ってるのが比較的軽い、てか軽い紫鶴さんだから、素直に喜んじゃだめなのかなあって、意味があんまないのかなあと、

彼にとっては常套句というか(失礼)

でも、君が嫌ならつけるのやめるけど。にはドキッときました。地味に好きなシーン。

 

次の日に巡回で杙梛さんの店に行くんだけども、店には誰にもいなくて待ってる間香水を見てるんですよ。そうやって見ていると急に出てくるペリ。

単独立ち絵ペリ。「きゅ!」ってかわいすぎか

人気投票ペリに入れたい(ない)

 

ところで撫子の香りってどんなのだろう・・・

 

アパートに帰った夜に紫鶴さんが部屋に来ます。めっちゃ焦ってる。

朱鷺宮さんから、ヒタキくんのことを聞き、以前出しに使ったことを謝ります。これは本当に真面目に悔やんでいる。

真面目に向き合ってくる紫鶴さんにドキッとしてしまうのが私です。これはしょうがない、好みだ(笑)

左手で髪をかき上げてる立ち絵すき。あの驚きも含めた表情も。

そのあとのツグミちゃんの誘いに「全然迷惑なんかじゃないよ。」って純粋に返してくるんだよ、いつもの余裕さがなくて

こういうのにもドキッと来る。いつも余裕な人が余裕なくなるところに弱いのか自分は・・・

これはしょうがない、好みだ()しょうがないドキッときちゃうんだ・・・

 

エクレアうまそう・・・

 

そして、二度目のライラック事件が起こります。

自分が囮になって犯人をおびき寄せようと提案するんだけど、即座に「アホか」という隼人の言い方なんかすき、呆れを含んだ言い方、

L.G.Sの太公望の「馬鹿者」と同じ仲間!

なんかくる・・・

 

 

そして、急に現れる男・鷺澤累

奴の「久世さーん」がすき、言い方好き。

 

二度目の事件の被害者が知り合いの恋人だったので、事件の起きた公園に行きたいので付き合ってほしいと頼まれます。

ここで選択肢だったのですが、

1.危ないですよと言う

2.付き合う

私は、公園に行くときは誰かといくか、いなかったら僕を呼んでって言ってたことを思い出して1にしました。

それって彼以外とあんまいってほしくないように聞こえたから1にしたのにはずれだったーーー

いいのかよ!!!そこらの男と行っていいのかよ!!!

ちくしょう・・・るいるいの久世さーんに免じて許してやる・・・

 

その夜、バウムクーヘンほいほいされちゃうんだけど、すんなりキスしてくるし、

ーー何が起こったのかわからなかった。って表示されてたけど、わいもわからなかった、なにしてんこいつ・・・って思ったら、余裕がなかっただけでした。

昼の選択肢でるいるいほいほいだったのは嫉妬させてこのイベントを起こさせるためだったのね!!!DAMASARETA☆

でも、意外と余裕のない紫鶴さんがいいわあ・・・みてて、ふふふってなる。

 

それから、紫鶴さんは冷たいです、助けてくれるけどあっさり。るいるいのこと根に持ってるみたいです(笑)態度が女子。

ツグミちゃんが嫉妬したって素直に言ってるのに!!それすら嘘だって言って、こいtっつ!!!

 

紫鶴が疑われているのがつらくて、

「みんな・・・紫鶴さんを犯人みたいに言って・・・非道い・・・」

「・・・非道い」

って涙をこらえながらいいます・・、ここで紫鶴ルートのツグミちゃんに心奪われました。

そして顔を赤らめた紫鶴さんな。やけにすっきりした顔して、ここで確実に落ちたのかな?

 

今までちょこちょこ稀モノであろう森恒先生の草稿な話を本人とします。最初聞いて、紫鶴さんはその稀モノに長期的に影響されてるんじゃないか。だから、性格も変わって推理ものから恋愛ものに転向したんじゃないかってふと思ったけどそんなことないか。

 

そして、その夜から「散歩」が始まります。午前3時までやったって知ってびっくりしました。9-3の2h休憩???しんどい

しんどいけど、紫鶴さんの疑いを晴らすためでもあるんだよね、

しんどいのに朝帰りを見た紫鶴さんは、彼女の心を擦り減らす発言をします。涙が出ないほど疲れているツグミちゃんにわたしの心が締め付けつけられる・・・つらい・・・

つらいけどこういうの、嫌いじゃない・・・

 

そしてびっくり、その夜犯人が捕まります。え?はやい

 

紫鶴さんがアパートに帰ってから会いに行きます。冷静だと思ったけど、事件の介入について本当に怒ってます。いいここ・・・ツグミちゃんにお説教する紫鶴さんいいわあもっとくれ

いいなあ、私もツグミちゃんにおかえりなさいって言われたい~~

このゲームの男性うらやましすぎ~

いやあ、今回も無事想いが通じ合ってよかったね・・・(雲の上の神気分)

それにしても、紫鶴さんとのスチルは艶っぽくて綺麗だなあ・・・

ほかのキャラより艶っぽい

ひゃーー幸せになってね!

 

では終わりませんでした、先生の草稿残ってましたーーしかもがっつり稀モノの影響受けてます(ここのスチルが綺麗)

BADでは、ツグミちゃんも影響を受けて彼のことを刺してしまいます。早くこっちに来てね、僕は寂しがりやだからーー・・・

って展開が個人的においしすぎました。そのあとの話、それを見つけたフクロウの面々のプチ後日談があったら最高でした。

 

正規ルートでは、意識を失った紫鶴さんが目を覚まして話をしてくれます。

「けど、恐ろしいことに原稿用紙を文字で埋めていくとき、同時に期待もあった。

」 

「先生も笹乞もその魂を刻み付けることができたのに」

「次に書く話には僕の魂が宿るのだろうか」

その言葉が重くのしかかりました。 

 

誰かのルートで稀モノを生み出すことは誇りなのか、と翡翠と聞きに行きましたよね。

あの話では、そんなもの誇りなって言わない。でバッサリでしたが、こちらが本当の物書きの言葉でした。

 

「紫鶴さんが書くお話をもっと読んでみたいです」

でも、彼は愛する人に、そういってもらえたんです。喜びかたが子供みたいだった(笑)殺し文句(笑)

だから、彼は稀モノを生み出せない葛藤は和らいでいくんじゃないかなあと思います。

 

 

 

後日、ヒタキくんの退院を紫鶴さんとともに祝います。

「汀先生なら、姉さんを譲ってもいいです。」

 

・・・・・・・これがほしかった。

どのルートでもヒタキくんの退院&認めてもらう

これがほしかった、満足!!!(たぶん紫鶴さん以外認めてもらえない)

 

 

紫鶴さんルートはシナリオの構成として一番好きです。

キャラの嫉妬具合とかそれからのつらいすれ違いとか個人的においしい話でした。

紫ツグ結婚式は洋装だなあ・・・紫鶴さんが袴似合わなそう(笑)

 

 

乱文長くなりました。