読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とと卿

ネタバレある感想ゆるくかきます

遙か6 幻燈ロンド 有馬一 感想

遙かなる時空の中で6 幻燈ロンドはじめました!! 感想ですね、当たり前にネタバレあるのでご注意ください。 いつも通りぐだぐだなのですが、よろしくお願いします!

私は遙かシリーズの続編をやったことがないのでどのようなシステム(戦闘とか)になるのかなあ、と思っていましたが、前作と大きく変わらず、怨霊と戦ってましたね(笑)

前作である無印と違うことは大きく3つ

・戦闘札の強化と進化のシステム

・新技奥義

・拠点選択

こんな感じですかね。 中でもわたしは、戦闘札の強化と進化に四苦八苦していました。 前作は4種類の強化札があったのに、半分が進化札になってしまったせいで、最も強化できる札が輝石………( ˘ω˘ )

うん、これを知ったときには本当に落ち込みました…。 先が長すぎるよ…輝石でレベル50なんて……

そんな感じで強化システムは大変でした。 でも、前回より輝石だけで上がりやすくはなったかな??と思います。感覚だけかもしれませんが。

前置きが長くなりましたが、幻燈ロンドの有馬さんの感想さらっと行きましょう!

幻燈ロンドの世界ではなぜか帝都を救ったはずが、未だ怨霊が湧き…みたいな感じで始まります。

でもね、序章の八葉みんなでパーティしてるのがたのしい… 蠱惑組と軍組がなかよくしてる………尊い

ほんと楽しい…

朱雀組は秋兵さんもコハクもニコニコ仲良いんだけど、青龍組の無言にとても笑いました!!!

「「………」」

ダリウス「………いい、天気だね」

コミュニケーションとれなさすぎだろ!!! さすがこの青龍組は裏切りませんね!

ここは本当に笑いました!

一章はみんな並行して進めていたんですが、有馬さんルートの友部率が高い!!

まず、友部。そして友部。オチは友部。 みたいな

有馬さんはわかってたことながら堅い堅い。 本当に、これでもかってくらい堅いです!

特に、梓ちゃんにお礼の品を渡すときがドキドキしましたね。

ドキドキというか、ヒヤヒヤというか…

ちゃんと、無印本編の前科を記憶していたのでこれは甘い雰囲気になるものでない… 何か、有馬さんらしい堅いものなんだろうなあと構えていました。 構えていましたが、なんともらったものは銃の指南書………

………いらねぇええええ!!!! いや、いるけど、男性からの贈り物でいらない!!

ほんと梓ちゃんがかわいそうというか…ほんと梓ちゃん大人だなって思います。

ここは通常運転有馬だったのですが、次のシーンでこんなことがあるんですね、

秋兵さんが 「彼女を強靭な兵士にでも育てるつもりですか? そんな真似をしては僕が泣きますよ」 って言うんですねwww さすがすぎる!!! 僕が泣きますよで本当に笑いました!! ほんとに!!私も泣きます(笑)

そして、愛宕山のイベントで有馬さんは言うんですよ。

悪かったな 俺は秋兵やダリウスとは違う。

って! わかってるんだ!!このままの梓ちゃんとの付き合い方ではだめだって、男としてだめだってわかってるんだ!!って思いました(ボロクソ)

だって、有馬さんいろいろと言葉も態度も伝えなさすぎ!!くそ!!!って感じですもん(笑) 男ならバシッと言ったらって感じです。

でも、その有馬さんが梓ちゃんをオペレッタに誘ったのは感心しました… お前…誘えるじゃねえか!!!見直したぜ!!って

今回有馬さんルートでは婚約者???が出てきます(モブ) そこで有馬さんと梓ちゃんの行き違いがあってこじれるのですが、ほんと有馬さんルートの梓ちゃんは乙女ですね!

ほんと、16歳の女子高生!って感じなんですが、これがもう1人の青龍相手になるともう、ざっくりあっさり冷めた辛口梓ちゃんになるわけですよ。(やった人はわかると思いたい)

有馬さんルートでは五章あたりから、有馬さんが何かを背負っている空気ムンムンなんです。 せっかくいい感じになってきたのに、その何かのせいで梓ちゃんに伝えられないでいるような、そんな感じなんです。 だからこそ、酔っ払ってるところの有馬さんが梓ちゃんをがっとするところ(語彙力皆無)がやっとか!!!って思いました。 そうして、有馬さんの遠征が知られてしまい、結局止めることもできず見送りになるんです。

そこで有馬さん、初めて「梓」って呼ぶんです〜〜

ず・る・い!

ずるすぎる!タイミング良すぎるよルビーパーティーさん! もう帰りを待つしかない梓ちゃんに12月27日が訪れます。

この日で黒幕である藤堂さんの謎や、萬くんとの関係について判明しますが、そこでびっくり!

電話の報告で、有馬さんの死亡が知らされました…

え??? 私も、え???

うん?

そしてそのあとわかりました。これは遙かだと、 萬くんの導きのもと、黒龍に願い、有馬さんや秋兵さん、ダリウスを助けるために時空を飛びました。

遙か6にどっぷり浸かってたので忘れかけてましたが、今までの遙かはこのような運命を変えるために過去に遡っていくゲームでしたね!

余談ですが、秋兵さんとダリウスがぶつかるところの仮面をつけるダリウスのセリフに痺れました。

「…有馬は部下のしつけがなっていないな 俺に歯向かって…… 死んでも、知らないよ」

ってこのセリフ、有馬さんとの関係が築かれてないと出てこないセリフだなあと、こういうところが幻燈ロンド(続編)だとしみじみ思いました。

まあ、死にましたね(笑)

そうして、時空を遡った先には酔っ払ってる有馬さんが…

前の時空では包みを開けなかったけれど今回は包みを開けました。 いや、もう…事情はあるけど渡せよ有馬!!! 梓ちゃんめっちゃ喜んでたじゃん!泣いてたけど! こういうのをね、伝えなきゃダメなんです!伝えないのが有馬さんだけどね!

そうして今度こそ、みんなと帝都を救うために動く梓ちゃん。 まさか、最終決戦が遠征先まで飛ぶと思わなかったなあ…

今回はラスボス一体だけなんですね…雑魚の幽霊とか霊獣いなくて楽でした。

そうして、幻燈機につく怨霊を倒し帝都を救いました。 しかし、力を使い切った梓ちゃんは帝都にいることができなくなってしまいました。 前作では力を使い切ったときは逆に現代に戻れませんでしたね(ダリウスルート参照)

だから、そこのところよくわからないのですが(わかる方いらしたらぜひ教えてください)

そうして現代に帰ってきた梓ちゃん。帰ってきてしまった梓ちゃん。 有馬さんのことだから、悲しみにくれる梓ちゃんを見かねた黒龍が帝都に戻してくれるのだと思いました。

はい、違いましたね???

………まさかの、現代エンド!!!

有馬さんが現代????え??だめだろ?? 精鋭分隊どうするのですか!!!本当に良いのですか!!! もう私は帝都の未来が不安で不安でたまりません!(笑)

でもまあ、秋兵さんがなんとか村雨さんとダリウスと頑張ってるんでしょう、頑張ってください。

そうして、現代で警察官を目指す有馬さん 似合うと思います。天職だと思いますいそう。

そうして、警察官になった有馬さんはさぞ制服が似合うことでしょう、梓ちゃんを守ってあげてください!

またまた、余談ですが、 警察官で思い出したんですが、カラマリを買うか迷っています。 とても評価はいいのですが、主人公の髪型が受け入れられず買えません!!! 内容は気になります!!!